株式会社大田まちづくり公社は、大田区のまちづくりに貢献します。

株式会社大田まちづくり公社

事業概要

役割に期待します。

大田区は大きく変化しようとしています。大田区は羽田空港の国際化の進展を踏まえ、「国際都市 おおた」としてさらに発展していく「まち」となります。
これは大田区民の共通の願いであり、今後の区政運営の重要な柱の一つとなるものです。
大田区は21世紀を切り拓いていく「国際都市 おおた」という目標に向かってまちづくりを進めていかなければなりません。このまちづくりの原動力は、区民一人ひとりの力です。
この力を「地域力」として発揮し、大田区と区民の連携を進めながら、誰もが暮らしやすいまちづくりを目指していきます。
「自分たちの手でよりよいまちづくりを」との願いを込めて設立された当社は平成26年に社名を変更し、以前にも増してそのまちづくりの役割が深まってきています。
株式会社大田まちづくり公社は、まさに大田区と区民の橋渡しとしての役割を担い、大田区の発展に貢献するものと大いに期待しております。

大田区長
松原 忠義

事業内容

管理業務

住宅管理業務

平成26年4月から大田区指定管理者として、高齢者住宅の募集事務やシルバーピア及び高齢者アパート等の入居者対応事務、施設の維持管理 修繕業務を行っています。
居住者の皆様からの緊急通報には社員と警備会社が一丸となって24時間対応しています。
居住者の皆様が地域の中で安心して暮らしていけるように、また居住者の皆様が孤立しないように安否確認・巡回訪問を行い、継続的に居住者の皆様とお会いしながら異変のチェックも行っています。必要な場合は病院への通報やさわやかサポート(地域包括センター)と連携・協働して対応するなど、社員一同、日々頑張っています。

シルバーピア 施設管理18団地  居住者対応 402戸
高齢者アパート 10団地 161戸
プラム 蒲田 1団地 17戸

計 29団地 580戸


プラム蒲田

高齢者アパート ヒロハイツ

空き家等地域貢献活用事業

現在全国で空き家が増加し、夜は無灯火で怖い、家や木や雑草の手入れがなく荒れている、地震や台風のとき管理する人がいない、地域コミュニティが希薄になってくる等の声もあり、大田区でも大きな社会問題となっています。全国平均では家屋の13%が空き家と言われています。これに対し、全国各地で空き家等を有効活用して、まちおこしや地域の活性化を図る取り組みが始まっています。
5年前の調査でも大田区でも約4万4千戸(12.2%)の空き家があり、このうち2割の約8千戸が流通の過程にない空き家と考えられていて、現在も空き家率は増加を続けている状況です。
大田区は平成26年12月に地域コミュニティの活性化や地域課題の解決に「空き家等」を有効活用していくことを目指して「空き家等地域貢献活用事業」の窓口を開設し、当社がその事業を受託いたしました。高齢者のサロン、小さなお子さんを見ながらママさんたちの集まる場、来日外国人のゲストハウス、まちのたまり場カフェ、ミニ図書館、マンガ館、地域教室や学習塾、地域の作品展示室、NPOの拠点、防災拠点など様々な地域での活用が考えられています。
この事業は空き家を地域社会で有効活用するために、持ち主と利用希望者に登録をしていただき、この窓口で双方をサポートしながら、双方の条件に合わせてマッチングしていくもので、当社はこの事業を通じて地域の発展に寄与していきたいと考えています。
事業の詳しい内容は、「大田区空き家活用情報」サイトをご覧ください。

京浜急行蒲田駅総合改善事業の概要と駅舎三階部分の管理

事業期間 平成13~25年度(事業完了)
事業主体 蒲田開発事業株式会社(株式会社大田まちづくり公社に引継ぎ)
適用補助事業 鉄道駅総合改善事業補助 【国からの補助=事業費の20%相当、東京都、大田区、神奈川県、横浜市、川崎市の5自治体からの補助合計=事業費の20%相当】
主な事業効果
  • 羽田空港へのアクセス改善
    1 品川~羽田空港間の直通運転本数増加 2 横浜~羽田空港間の直通運転本数増加
  • 京急蒲田駅のバリアフリー化
    エスカレーター、エレベーターの設置

京急蒲田駅全景

3階ホーム中央から品川方を臨む

大田区、東京都、京急電鉄の三者による京急電鉄線の連続立体交差事業は、既に鉄道が高架化され、側道建設などの関連事業が残るのみとなりました。
この連続立体交差事業と連動し、当社単独の駅総合改善事業として、京急蒲田駅の駅舎3階部の建設をしてきましたが、当事業は連続立体交差事業に先行して平成25年度に無事に完了いたしました。
これにより京急蒲田駅は二層高架構造となり、空港線駅接続部分も複線化されたことで、羽田空港アクセスの強化や空港線の輸送力向上が図られました。
当社は今後、機能が強化された京急蒲田駅の駅舎3階部を京急電鉄と協力して良好な状態で保全し、駅利用者の皆様の利便に貢献していきます。また羽田空港の国際化に伴う駅機能の有効利用、鉄道駅と一体的な駅周辺におけるまちづくりの実現に向けて貢献していきます。

京急蒲田駅付近の完成イメージ

このページの先頭へ↑